安全確保のためにマンションの大規模修繕をしておこう

適切な工事が行われる様に

アパート

マンションの長期修繕計画

マンションも古くなってくると大規模修繕が必要になりますが、大体一回目の修繕は竣工後12年目と国から推奨されています。大規模修繕は主に外壁や屋上などの劣化した箇所を修繕するのが大きな目的で、大抵は管理会社が建築会社に依頼して設計・施工・設計管理までを行います。現在では管理会社をはずして、外部のコンサルティング会社などに依頼して設計管理を行うケースも増えてきています。マンションの大規模修繕は戸数によってはかなり予算が大きくなるので、コストを削減して適切に工事を行う事が求められています。修繕する箇所を調べたり、修繕のプランを練ったり、工事が正しく行われているかを見る設計管理を第三者の立場から行って欲しいと考える管理組合が増えているからです。

工事における管理とは

工事を行う時には工程通りに工事が終わるように監督する工程管理や、施工品質を維持するための施工管理や予算通りに工事をあげる予算管理などが必要になります。これらが全て上手く言っているのかをチェックするのが設計管理で、設計図通りに勧める事は設計士の義務になります。マンションの大規模修繕は一戸あたり100万円とも言われる予算ですから、契約金額を超えると各戸の住民の負担が増える事になるので注意が必要ですし、個人の集合住宅であっても工期が延びれば住民に不自由を掛ける事になります。また、手抜き工事などが発覚すれば後で大問題に発展する事もありますから、設計管理はきっちり行ってほしいものです。管理組合は住民の利益のために、管理会社を含めて大規模修繕のコンサルティングを広く募るのがお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加