安全確保のためにマンションの大規模修繕をしておこう

資産価値を保つための工事

つみきの家

見た目ではわからない劣化

マンションにとって大規模改修は欠かせない事業です。適切な大規模修繕が行われているマンションは入居者にも好評です。なぜなら定期的に大規模修繕を行うことによって、マンションの劣化を防ぐことができるからです。それによってマンションの資産価値を保つことができるのです。マンションというのは見た目の外壁がきれいでも、内部の腐食が進んでいたり劣化していることがあります。そのためには定期的な検査が必要で、それを計画的に実施するのが管理会社です。ですから良い管理会社が担当しているマンションは資産価値も高くなっています。大規模修繕は12年に1度行うのがよいといわれています。アフターケアのある会社に修繕してもらうと安心できます。

複数社の見積もりを検討

大規模修繕を行うためにはマンションの管理組合が計画的に行うようにします。そして事前に住民に知らせておくことが大事です。マンションには管理会社が入っていますが、通常はその管理会社が大規模修繕を担当します。管理組合の希望によっては他の会社に依頼することも可能です。修繕会社を選ぶ時には複数の会社から見積もりを出しもらって、内容と費用について検討をします。その中から1社を選んだら、具体的な工事計画を立案します。この時に重要な点は、住民になるべく迷惑をかけないような修繕方法を選ぶことです。工事計画ができあがったら、工事契約を結びます。その前後に住民説明会を開いて、大規模修繕の内容について理解してもらうことが必要です。

賃貸物件を修繕する

マンション

大規模修繕工事はまだ設備が壊れたり、雨漏りしていないときに修繕するのが特徴の工事です。見てわかるほど悪化した時に修繕するよりも、前もって修繕した方がコストを抑えることができるので、管理者などに人気のある工事となっています。

More Detail

建物の資産価値を守る工事

ヘルメット

マンションを購入する時は管理体制を調べる必要があります。マンションの管理には暮らしを守ること、資産価値を維持するという2つの目的があります。そのために必要なのが大規模修繕です。自然環境や大気汚染で建物は劣化するので、定期的な修繕を行います。業者を選ぶ時には見積もりを出させて内容を比較し、決定します。

More Detail

適切な工事が行われる様に

アパート

マンションの大規模修繕は長期計画を立てて実行していく必要があります。管理組合は適切な工事を適切な金額で行うために、コンサルティング会社に設計管理を依頼するのも良い方法です。管理会社を含めて広く募集して、内容や見積もりを比較するのがお勧めです。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加